科学とポップアートから見たミルフォードサウンド

sir james hector

Sir James Hector

何年もの間、ミルフォードサウンドは科学やポップカルチャーのコミュニティーか らも注目を集めていました。科学者たちがその地理学的探究を探める一方、アー ティストたちは観光者向けにその美しさを絵に描いたり、また政治的風刺を描いた りしていました。科学やポップアートの視点からミルフォードサウンドを探索する ことはその地域や重要さをさらに学びたい人にとっては必須です。

ミルフォードサウンドの科学的探索

地形、気候、野生動物のコンビネーションにより、科学者達にとってミルフォード サウンドは自然の不思議を探索し解明する最高の機会となっています。初代の探検 家の一人はジェームス・ヘクター。彼はエデンバラ大学の薬学部を卒業した後、ま だヘクターは地域の探索に関心はなかったのですが、いくつかの課外活動により彼 はこの分野に興味を持ち、現在私たちが知っているミルフォードサウンドの知識を 解明することになったのです。

1865年、ダニーデンでヘクターはミルフォードサウンドを含めたフィヨルドランド の地図を自分で作りました。政府で働いている数少ない科学者の一人として、ミル フォードサウンドとその地理学的発見には最適の人物でした。後に、他の科学者が 彼の仕事を引き継ぎ、​1966年にミルフォードサウンドはニュージーランドのエンサ イクロペディアに掲載され、正式に​”観光スポット​”として載せられました。自然保 護省は野生動物を記録しつつ、訪問者がキャンプできるエリアとできないエリアを 調べ続けました。

現代のポップアートから見たミルフォードサウンド

19世紀と​20世紀初頭の地域の油絵と水彩絵が沢山発表された後、現代を表現したい と願うポップアーティストが活動し始めました。​”ミルフォードサウンド:​1960年代 のニュージーランド、フィヨルドランド​”を描いたホワード・レオン・マリッテが有 名な例です。振動するような色使いと太い一撃のコンビネーションにより、​1960年 代の幻覚を起こさせるような精神があらわれています。

1935年辺り、ジョージ・フレデリック・トーマスはミルフォードサウンドの雰囲気 にひたるボートの上の若いカップルを描いた観光用ポスターを作りました。ニュー ジーランド観光局からの仕事を受けたものであり、この作品は政府が観光客用に描 いた初期の試みの一つであります。しかし、ミルフォードサウンドの基本をとらえ たムーアとムーディーの​1900-1903年のポストカードを元にという設定でした。

後の​1975年、ニュージーランド観光委員会は手書きの絵画と写真を、観光業のキャンペーンと して組み合わせました。描かれた木々のスケッチの間からミトレ山山頂からの日の出という構 図となっており、キャンペーンは世界共通の太陽への愛をテーマとしたものとなっています。

ミルフォードサウンドを描いた現代のマンガ

紹介した絵画に劣らず、マンガの世界もミルフォードサウンドの美しさをとらえて います。多くのマンガは政治的風刺のもとに成り立っており、元首相であるジョ ン・キーが工事現場で働く従業員と一緒にミルフォードサウンドとフィヨルドラン ドに立っているマンガがあります。モノレール建設計画を支援、しかしミルフォー ドサウンドのトンネルは反対である自然保護省の首相であるニック・スミスの悪意 を示した絵などもあります。

科学やポップカルチャーが変わるにつれて、科学者達やアーティストのミルフォー ドサウンドへのアプローチの仕方が変わってきます。モダンなアプローチが主流に なってきているにつれて、多様性もさらに増えることでしょう。

Book Now Book Now