ドナルド・サザーランド、ミルフォードサウンドの冒険家

Donald Sutherland in 1888

ミルフォードサウンドへの公式な遠征が始まる数年前、初代ミルフォードサウンド冒険家、ドナルド・サザーランド、はそこへ移住することを決めました。サザーランドは元々スコットラン ドのハイランド出身だったので、ミルフォードサウンドの寒く厳しい気候にはなれていまし た。探検家としての冒険心は世界への冒険へ旅立つ前、若い頃働いていた水産業の仕事でも覗 えます。

ドナルド・サザーランドがミルフォードサウンドに辿り着くまで

漁師としての仕事に飽きたサザーランドは、イタリアを統一しようと努力するイギリス人のボ ランティアに加わることを決めました。この選択が彼をイギリス沿岸貿易への加入へ導き、そ の後ニュージーランドへ辿り着くこととなります。

金があると考えられていた事から、サザーランドはその地域を頻繁に訪ねて探検するようにな りました。最初はガブリエル谷に運を任せていましたが、金属を探し出せませんでした。そん なガブリエル谷での失敗にもまけずに、サザーランドはワイカト軍に入隊した後、プケリムに て再度挑戦しました。 1860年代から​1870年後半にかけて、彼は軍の警察隊で働いていました。後の​1877年には彼の小 さな犬とダニーデンへボートで出航しました。​12月​3日にミルフォードサウンドへ上陸し、その 後​40年ミルフォードサウンドに在住する事になりました。

Donald Sutherland in Milford Soundドナルド・サザーランドのミルフォードサウンドでの初期時代

サザーランドの初期プランは、ミトレ山頂と周辺が見渡せるボーウェン滝に家を建てることで した。その道がいずれ町に繋がっていってくれるとの望みは、今日世界が見るミルフォードサ ウンドの景色によって変えられました。 その後すぐ彼の初期時代の冒険家の仲間たち​ – ジョン・マッケイ、ジェームス・マルコム​が加 わりました。二人ともアスベストやボーエン石を探していましたが、その後、探求に失敗し帰 還することとなりました。

1880年​11月、サザーランドは、今では​”サザーランド滝​”で知られる滝を発見しました。木のてっ ぺんから水が出ているのを見たことから彼は自分のカンに従い、源の探求に、挑んだ事から発 見に至りました。​8年後、ニュージーランド政府は滝への道を開拓する仕事を彼に依頼しまし た。 。

ドナルド・サザーランド: ミルフォードサウンド永住探検家になるまで

ダニーデンを数回訪問したものの、サザーランドは世捨て人としてミルフォードサウンドに暮 らしていました。半年に一回汽船が来る時には、他の人と交流をしておりました。さもなけれ ば、ダイアモンドなどの貴重な鉱石の発掘に日々を送っていました。後、彼はバードウォッチ ングに目覚め、たくさんの時間を費やしました。

ミルフォードサウンドの世捨て人として過ごすかと思われたサザーランドですが、のちに彼は ダニーデンに戻りエリザベス・サミュエルという女性と結婚しました。サザーランドのように サミュエルもイギリス出身で、またサザーランドとは違い、以前に​2回結婚していました。 結婚後も二人は​1919年のサザーランド死去までミルフォードサウンドを訪れることをを止めま せんでした。この期間、二人は小規模の牧場を持ち、子供を持つ事なく地域探索を続けまし た。サザーランドを覚えている方達の中でも、彼はゆっくりとお話しをする落ち着いた優しい 大きな男性だったと言われています。

Book Now Book Now