Tフィヨルドランドで撮影された有名映画

“There’s quite a number of movies and production options being considered at present,” – Steve Canny.

ニュージーランドは最近、HBOエンターテインメント社によって行われた 世界トップ撮影ロケ地観光地 投票において、雑誌USA Todayに「映画撮影に一番なロケ地」部門で3位に選ばれたと掲載されました。ニュージーランドはコストにおいてもそのほかの面でも多くのことの評判の良さでニュージーランドは海外の映画製作会社に便利な場所となってきているのです。

2007年の「ジュラシックパーク:ロストワールド」から南島の美しい景色はサイファイやファンタジー映画のパーフェクトな背景として使われてきました。その為、フィヨルドランドの観光ルートの中で今だに沢山の映画が撮影されている事は驚くに値しません。

下記はフィヨルドランドで撮影されたトップ10映画です。

ロード・オブ・ザ・リング三部作

皆に愛されたおとぎ話を世界的に有名なセレブ俳優達と魔法にかかった気分にさせる風景に混ぜた結果は?3時間のニュージーランドの観光広告としても最適の三部作。ロード・オブ・ザ・リングの映画がニュージーランドにもたらした影響は他の映画のフランチャイズでは夢にもできない事でした。その事からこの映画で眺める事ができる世界の中でも非常に関心を呼ぶロケ地をとり上げていきましょう。

南島を満喫したい真のロード・オブ・ザ・リングファンには下記の座標を使って各フィヨルドランドロケ地を探してみる事をお勧めします。

次を含む:

  • 避け谷の南:避け谷の南はフィヨルドランドナショナルパークの中でウォーキングで見つかります。次の座標に従ってください: 45° 25.358’S 167° 20.800’E
  • アンドゥイン川:アンドゥイン川は第一部「ロード・オブ・ザ・リングー旅の仲間」のオープニングシーンに出てきます。次の座標に従ってください: 45° 29.755’S 167° 40.159’E。レインボーロードからのアクセスが最適です。
  • 不毛の沼地:不毛の沼地は座標: 45° 29.567’S 167° 41.897’Eを使ってテ・アナウ高速道路からアクセスする事ができます。
  • スノードン森:シャドウファックスが丁寧にデモしているようにファンゴルン森のロケ地はフィヨルドランドナショナルパーク内にあります。ファンゴルン森はガンダルフが彼の雄大な馬を呼ぶ場所、アラゴルンがホビット達を追跡し森に入っていく場所、そしてエントの生息地であります。ロケーション:スノードン森のボグパインパドック。テ・アナウから州道94を通りカカポロードに向かいます。そこからタカロアロード、そしてフィヨルドランドナショナルパークに入ります。

ホビット三部作

幸運にもこの映画に出てくるロケ地のほとんどはロード・オブ・ザ・リングで既に有名になっています。これ等のロケ地はホビットで再度撮影されたり、又はデジタルを使って再現されています。しかし、ワシがビルボ、ガンダルフ、そして小人達を救い飛んでいく重要なシーンはフィヨルドランドナショナルパークとなっています。

テ・アナウの ユーバーンステーション、そして デービッツ・ノールのカーロックにてアンドィンの谷を見つける事ができます。

Xメン・オリジン:ウルバリン(2009)

Xメンの中でも一番人気のキャラクターの初期の話に触れるオリジンシリーズの初作「ウルバリン」はミルフォード・サウンドで撮影されました。

この映画を良く知っている人達は幻滅したジェームスが彼の仲間達から離れて「カナダのロッキー山脈」の家に帰るのを覚えているでしょう。その雄大な山脈は実は…その通り、ミルフォード・サウンドなんです。「アルカリ・レーク」施設はミルフォード・サウンドの年中流れる滝の一つ、スターリング滝の上に面しています。高さ150mで滝はナイアガラ滝の3倍の高さにあります。

ジュラシックパーク:ロストワールド(失われた世界)(1997)

研究チームはジュラシックパークのサイトB島に恐竜の研究をする為に送られます。彼らが研究をしている間、反対のチームは他の目的でアプローチします。そのジャングルの様な景色はティラノサウルスが暴れるのには完璧な場所、そして観光客誰もが楽しめる観光地です。

ウィロー(1988)

小さい小人ウィローは渋々ながらも知恵ある年寄りと共に戦争によって荒廃した魔法と怪物の地に旅にでます。聞いた事がある?「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」のあらすじに似ていますが、ウィローはフィヨルドランドが有名になるずっと前にこの地で戦っていたのですよ。

エーリアン;コヴェナント(2017)

今年のゴールデングローブショーで監督リドリー・スコット氏はコロニー船のクルー達が新に生息地として見つけたパラダイスで夢にも思いつかない程の恐怖にでくわすというブロックバスターの新作「エーリアン:コヴェナント」の撮影でニュージーランド下部を色々と周っていた事を表明しました。その時の体験を記者に質問されたスコット氏は「ニュージーランド最大の山脈の9フィートまで行き、上部を調査しながら普通なら行けないような所までもどんどん入っていったよ。」と述べていました。

ミルフォード・サウンドを簡単に探索する方法

遠隔ではありますが、壮大なミルフォード・サウンドはニュージーランドの中でもトップの観光地の一つです。スコット氏のヘリコプターがなくともミルフォード・サウンドのビジターセンターから出発する2時間の遊覧ボートツアーで楽しむ事ができます。

ミルフォード・サウンドへはテ・アナウの北から続き、フィヨルドランドナショナルパークの横を通って行くミルフォードロード(SH 94)にてアクセス可能です。

ミルフォード・サウンドはこれからも映画製作をホストするロケ地として活躍しつづける

南島での映画撮影に対する関心が増えてきたことをベンチャー・サウスランドのビジネス/プロジェクト企画部門部長、スティ―ブ・カニ―氏に質問したところ、彼は既に予備/企画過程にある映画が幾つかある事を教えてくれました。
「現在、制作オプションが考慮されている映画や作品が幾つか存在します。」
商業、広告関連からの関心、そして制作自体が未だ初期に在る為にどの制作会社がかかわっているかは述べることはできないそうです。
しかし現在、大規模な制作3つ、そして小規模1つが撮影日に関しての考慮過程にあり、制作関係者達が次の2週間の間にやってくるだろうとの事です。
リドリー・スコット氏のエーリアンフランチャイズの次作が決まり、最近はアバターの続編4作の為にジェームス・キャメロン監督がNZでの撮影の計画をしているという噂もたっています。

カニ―氏に言わせば「来年もまたまた忙しくなりそうだ。」という事です。

ファンタジー映画好きでもジュラシックパークの死ぬほどのファンでも南島は誰もが楽しめる場所でしょう。しかし訪問する際はフィヨルドランドは世界でも一番湿っている場所の一つという事を忘れないでください。その為、防水ジャケットが常に必要でしょう。ジャケットはカメラ、電話、他主要品をしまえる底深いポケットのある物にしましょう。そして訪問最中、もしかしたら中つ国だけでなく撮影の中間に入っていけるかもしれません。

Book Now Book Now