テ・アナウからミルフォード・サウンドへのドライブ

車でミルフォード・サウンドにアクセスしたい場合はテ・アナウからのドライブとなります。その240km (144マイル)の道なりは沢山の観光スポットを含む美しい観光ルートとして知られています。天候によっては2時間以内でミルフォード・サウンドに到着できます。しかしこのルートはほとんど携帯電話の電波が届かないので旅行を計画前に安全ガイドラインを確認する事をお勧めします。

 

テ・アナウからテ・アナウ・ダウンズ:30km

Driving from Te Anau to Milford Sound

出発後、30km後に1888年にクエンティン・マッキンノンによって発見された世界でも有名なテ・アナウ・ダウンズに到着します。ハイキング好きの方々はここららミルフォード・トラックを始める事ができます。

ミラー湖:59km

出発地から59km地点ではまるで絵に描いたような穏やかさを感じられるミラー湖が見られます。寄り道、休憩地点としてストップする価値があるでしょう。湖には高々とそびえる山々が映し出され、ネーチャーフォト(自然写真)を好む写真家達にとっての絶好な撮影機会です。

ノブス・フラット:63km

トイレ休憩等で休憩が必要ならこの場所がぴったりです。トイレやキャンプ場以外にもエグリントン谷のケイムや小山等この世の物とは思えない程の審美に吸い込まれます。

キャスケード・クリーク:75km

光り輝く浅い池と壮大な滝を目にする事ができるキャスケード・クリークは束の間のネーチャーウォーク(ネーチャーハイキング)にピッタリな場所です。そびえ立つ高木の中でのお散歩は景色を楽しみつつリラックスさせられます。

ファーガス湖:80km

ジョージ・バーバーとウィリアム・H・ホーマーによって1889年に発見されたファーガス湖はワカティプの議員、トマス・ファーガスが名前の由来となっています。ファーガス氏の死後、彼がクイーンズタウンで行った数々働きを記念して名づけられました。

ザ・ディバイド:84km

海抜918mに面するザ・ディバイドはエグリントン、グリーンストーン、そしてホリーフォード谷の山頂眺望スポットです。

ホリーフォード谷眺望台:88km

ホリーフォード谷眺望台は山々の間を川がくねくねと流れていくのを上から絶景で眺める事ができます。又、ダレン山脈も鑑賞する事ができます。

ローワー・ホリーフォード・ロード:89km

この22kmの道路の先は行き止まりですが探検してみる価値があるでしょう。ローワー・ホリーフォード・ロードに乗り、1km行くと景色の美しい3時間ハイキングトラック、マリオン・トラックにたどり着きます。そこから更に8km運転すると先駆者達についた歴史を学べるガンズ・キャンプが見つかります。ガンズ・キャンプから高さ275mのハンボルト滝まで散歩する事ができます。

モンキー・クリーク:96km

ホリーフォード谷の鑑賞とウィリアム・ホーマーの歴史について学びたいならばモンキー・クリークがお勧めです。ホーマーによって名づけられたこのクリークはホーマーの願い通り、今日、日々沢山の観光客が訪れる場所となっています。

ホーマー・トンネル: 102km

ウィリアム・ホーマーに名づけられた場所の中の一つ、ホーマートンネルは山オウム、キアが幅広く生息する生息地の一つです。キアは世界一活気なオウムではありませんが、好奇心強い、イタズラ好きな性格が訪れた人々を楽しませてくれるでしょう。傾斜度1度から10度へと、トンネルは129mから始まり、出口の1141mまで登っていきます。トンネル入り口の信号で15分等待たされてしまう事があるので、この待ち時間は計画に入れておきましょう。

ザ・チャズム:110km

ミルフォード・サウンドまでもう一息です。目的地に付く前にクレドゥー川が流れるザ・チャズムで最終休憩しましょう。20分程散歩してみれば、ザ・チャズム奥深くに存在する川の流れによって刻まれた面白い岩層を目にする事ができます。

トゥトコ山:112km

フィヨルドランドナショナルパークの最高度地点のトゥトコ山は絶対に見逃せません。朝日に輝く雪面を持つこの山は遠くからでもこの世の物とは思えない程美しいでしょう。

クルーズ・ミルフォード・ビジターズ・センター:122km

ビジターセンターは簡単にわかるサインの立っている駐車場につくと目的地到着です。クルーズ・ミルフォードのレセプションでチェックインしたら、ミルフォード・サウンド・クルーズを楽しむ準備完了です。