フィヨルドランドで野生のムースを追いかける

Legend of Fiordland Moose

フィヨルドランドにムースが生息しているという話は1970年代にムースが射殺されたという届け出がでてからずっと言われています。

じっとして下さい。音を立てないで下さい。ここまで追いかけてきたんだからここで失敗してはダメでです。茂みの中でガサガサするのが聞こえます。それは鹿?それとももしかしてこれまでの謎が解明される?

フィヨルドランドにムースが生息しているという話は1970年代にムースが射殺されたという届け出がでてからずっと言われています。それからずっとこの幻の生物の追跡が続いています。

ムースはフィヨルドランドに最初1910年に放されましたが頭数が狩猟可能まで上がるまで禁止されており、その為、狩猟は1923年まで禁止でありました。1923年、最初の写真が撮影されましたが最初の許可狩猟は1929年まで起きませんでした。ムース達は何十年も上手く隠れていましたが1950年代に多数の狩猟と目撃情報が沸き上がってきたことから注目されるようになりました。

67歳の生物学者でムース探求者のケン・トゥ―スティン氏は北アメリカのムースの子孫の撮影を願って1994年から茂みにカメラを設置し始めました。ここ数年、古い枝角、足跡、そして毛のサンプル(2000年と2002年に行われたDNA分析の結果、ムースと検定された)等、あと一息というような証拠を見つけてきました。

近年、フィヨルドランド幻のムースに関連する伝説は多く語られるようになり、偽証拠映像や不正証拠写真等が沢山出されるようになってきました。伝説は更なる注目を集めるようになり昨年、NZ製アパレルブランド、ヘレンスタインはムースの合法的証拠写真にNZ10万ドルの賞金を与えると発表しました。

目撃情報と目撃場所の年表:

偽目撃情報が満載している中、目撃可能と信じるのは簡単ですが立証するのは簡単ではありません:

1910 – ダスキー・サウンドのサパー・コーブにムース10頭が2回に分けて放されました。

1952ヘリック・クリークでムースのメスがロビン・フランシスさんによって撮影されました。

1953 – 北島、ヒクランギ出身のフレッド・スチュワードソン(78)は近年1953年にウェット・ジャケット・アームに狩猟に行った時に友達と撮った写真を公開しました。彼の親友、そしてメントルだった友人は写真が撮影時に公開されたらハンター達にムースが射殺されてしまう事を恐れた為にフレッドさんに秘密を誓わせました。

50年が経ち、ムースは山奥に戻り、周辺からは絶滅してしまったと思われていました。導入種のアカシカが食物連鎖でムースの上に立ち、ムースの数が減ってしまったと推測されています。しかし1970年代始め、あるハンターはムースの雄を撃ち、メスと子供も目撃したと言っています。

ムースの追跡者準備:アドベンチャーの計画

密林の中でしゃがみ込む前に旅の準備が必要です。

下記は知ってべき重要な事です:

  • ムースは朝方早く、そして夕方に水性の植物を食しますので水路や沼地の傍を探してみましょう。
  • ムースが見えなくても風下から沼地や池に向かいましょう。これはムースだけでなく大抵の動物の場合でも同じですが、ムースは特に敏感な嗅覚を持っているのであなたが彼らを見いだす前に逃げてしまいます。
  • 場所の位置づけをする。フィヨルドランドナショナルパークはサイズ1万2千5百km2で垂直にそそり立つ崖や密林が存在します。ムースハントの変わりにみんながあなたをハントしにいかなければならないようにしてください。計画したトラック(道なり)だけを使い、誰かにあなたがどこにいるか事前にちゃんと知らせっておきましょう。天候に合わせた装備をし、水分と食料を十分に持ってくのを忘れずに。

謎を解く事ができなくともニュージーランド一の自然/景色の中に必ず飲み込まれていくでしょう。あなた探索の旅に一番のトラック/通路とそこへの アクセス方法に関して詳しく情報を提供しています。

Book Now Book Now